受賞作品アマチュア部門

優秀賞ShakaBomb

作品概要

タイトル ShakaBomb
プラットフォーム PC
学校名 トライデントコンピュータ専門学校
受賞者名 ShakaBombs

優秀賞 選考理由

床をこすってバブルを作り、多段ジャンプしたり敵を倒したり、汚れを落としたりといったバブルのリソースマネジメントを主軸としたアクションは新鮮味があり、プレイ感も良く楽しんでプレイできました。

単なるアクションパズルにとどまらない、アクション性の高さが良かったと思います。

アクションゲームとしての挙動面、操作性(特にバブルを飛ばすとき)に課題を残したかなと思いますので、チューニングを最後までしっかり行うようにするともっといいゲームができるのではないかと思います。チュートリアルも大事な要素がわかりにくかったりともうひと工夫欲しいところでした。

また、「音」というテーマに対しては応えきれておらず、もっとゲーム性にまで踏み込んで「音」というテーマにたいする真摯な向き合いをしてほしかったです。(SEやBGMは良かったです!)

グリー 村野 大輔

この作品について

テーマの音から「シャボン玉」を連想した作品。

汚染されて人が住めなくなった地球を舞台に、一人送り込まれたブラシ型お掃除ロボット「コピル」を操作。ステージ上の汚れを浄化しながらゴールを目指すアクションゲーム。

「コピル」を左右に動かしてシャボン玉を生み出し、汚れを落とす。ある時は、シャボン玉を爆弾としてモンスターにぶつけてやっつけたり、またある時は、シャボン玉の浮力を活かして、高く遠くまでジャンプしたり。

テーマの音から、絶えず泡が生まれては弾けるシャボン玉を連想。荒廃した世界の中で、一人奮闘する無邪気な主人公「コピル」が様々なシャボン玉の機能・能力を駆使し、ステージの汚染を浄化していく
アクション性の高い作品です。