受賞作品

佳作はさめ ぴよちゃん

作品概要

タイトル はさめ ぴよちゃん
プラットフォーム PC
学校名 ECCコンピュータ専門学校
受賞者名 ぴよちゃん保護団体

選考理由

なんでひよこみたいなぴよちゃんは口を開けて(顎を外して)はさめるのか、
なんで四角いぴよをはさむともっと開けられるようになるのか、
そもそもぴよちゃんとぴよの関係性は?
で、すべてひっくるめてなんでひよこみたいなキャラを選んだのか、
みたいなちょっとした違和感がどうでもよく見えるくらい、はさむことをきっちりゲームに落とし込めており、かつ、ゲームバランスも絶妙で、一度プレイし始めると、何度もやってしまうつくりになっています。
今では、これはこのキャラでよかったんだ!とすら思えて仕方ありません。
昨今の、やれ世界観はこうで、とか、キャラ設定はこうで、とかいうこだわりも、それはそれで重要かもですが、そういうのは抜き?にして、コアゲームで楽しませるという気概が伝わってくる作品でした。

ディー・エヌ・エー 異儀田 諭

この作品について

頭と体が分離したキャラクター、ひよこの「ぴよちゃん」を操作し、ゴールの親どりを目指すアクションゲーム。

ジャンプができない「ぴよちゃん」は、頭を伸ばして体との間に足場を挟み込み、上へ上へと登ってゆきます。
頭を伸ばしても届かない時は、ステージに点在する「ブロックぴよ」を挟み込めば、より高い足場に登れるようになります。
道中には「ブロックぴよ」をさらう危険な「ブラックブロックぴよ」が現れることも・・。
そんな時は、頭を伸ばして避けたり、体全体を縮めて弾いて回避しよう。
可愛らしいキャラクターとほのぼのした世界観が特徴的な個性溢れる作品です。

ページ上部へ戻る