受賞作品アマチュア部門

優秀賞Trickle

作品概要

タイトル Trickle
プラットフォーム PC
学校名 日本電子専門学校
受賞者名 teamTrickle

優秀賞 選考理由

本作が、一番際立っていた点は、コンセプトです。

今回のテーマ「うつす」ですが、「うつすもの」と、「うつされるもの」という2つの関係を利用し、ゲーム性や世界観に、2つの関係を反映したものが多く見受けられました。

しかし、本作では「水の状態遷移」という個体、液体、気体という3つの関係で表現する、独自のゲームデザインを高く評価しました。

また、「うつす」の解釈をさらに進めることで、場所、色を移すという風に「うつす」を2重に絡めた複雑なコンセプトに挑戦した点、複雑なコンセプトにも関わらず、親しみやすいグラフィックと完成度の高い操作性で、作品への敷居が高く感じられない様に配慮されていることも、高評価に繋がりました。

チュートリアルで操作を覚えられるなど、ゲームとしてのツボを押さえている点や、2Dアニメーションの美しさなど、アマチュアとは思えない作りになっています。

「水の状態遷移」という学生らしく若々しいテーマは、アマチュア部門ならでは!と感じられ、とても好感が持てました。このような作品を応募いただけた事に感謝します。

優秀賞の受賞、おめでとうございます。

コーエーテクモゲームス 宮内 淳

この作品について

人がいなくなり荒廃した世界で、1体だけ残ったロボットが植物に水を運び、花を咲かせていくアクションパズルゲーム。

プレイヤーは、花を咲かせるために必要な水を、バケツに入れて運んだり、時には氷にして滑らせたり、水蒸気に気化させ、風に乗せて上昇させたり、水、氷、水蒸気という3つの状態遷移を利用しながら植物に送り届けます。

ステージを進めると、花ごとに運ぶ水の色が指定されたサブミッションも。赤い花には、「赤」の絵の具に触れさせた水を運び、紫の花には、「赤」と「青」、2つの絵の具に触れさせた「紫」の水を運びます。

「水の状態を移す」「水に色を移す」という、ユニークな2つのコンセプトを上手くゲームに反映すると共に、親しみやすい2Dアニメーションのグラフィックやキャラクターなど、アイデアに溢れた作品です。

ページ上部へ戻る