受賞作品

優秀賞DOOR

作品概要

タイトル DOOR
プラットフォーム PC
学校名 バンタンゲームアカデミー東京校
受賞者名 扉工務店

選考理由

今回、「挟む」という課題意図に対して、みなさんどのようなアプローチで臨んでこられるのだろう、自分だったらどんなゲームを作るだろう、ということを色々妄想しながら、選考会に参加させていただきました。

本作「DOOR」については、そういった視点から「なるほど!こう来たか!」という、いい意味で裏切られたというか意表を突かれた思いで、一人ニヤニヤしながら遊ばせていただきました。

ゲーム全体を俯瞰してみても、基本的な作品としての完成度の高さに加えて、あえてプレイヤーを敵側にしてみたり最初から死んでいたり、あえて描き割りの板ポリ表現を使うことで、画面としての面白さの表出とともに、「パズルゲーム的記号性」とでも言うもの(※このゲームが板ポリでなかったら、パッと見パズルゲームには見えないと思うのです)を確保したりと、遊び手を楽しませてやろう、驚かせてやろう、という、作り手の「想い」がひしひしと伝わってきます。

完成度の高いゲームですが、まだまだこの「DOOR」には「挟む」というコンセプトに磨きをかけてゲーム内で昇華させていく方法があるのではないかと思います。

受賞おめでとうございます。

コナミデジタルエンタテインメント 岡村 憲明

この作品について

様々な罠を仕掛け、館への侵入者を撃退するホラーアクションパズルゲーム。

プレイヤーが操作する館の主人は、霊体のため侵入者に直接手を下すことはできません。
先回りして扉にカギをかけたり、落とし穴を仕掛けて、侵入者の行く手を阻み、迫りくる殺人者の執事と挟み撃ちにして撃退します。
様々なギミックを用意すると共に、館の内部を4つの画面で構成することでパズルゲームとしての戦略性を高め、侵入者を思い通りに挟み撃ちにした時の達成感に溢れる作品です。

ページ上部へ戻る