受賞作品

優秀賞 / 個人賞Ultimate Selfy

作品概要

タイトル Ultimate Selfy
プラットフォーム PC
学校名 ECCコンピュータ専門学校
受賞者名 柴田 駿佑

選考理由

本作は、敵を壁に挟みながらゴールを目指すという、挟むというテーマでも、変化球タイプのゲームデザインです。

軽快なプレイヤーキャラクターの動きと、敵を挟んだ時の演出の気持ちよさで、ついつい遊んでしまう中毒性のあるゲームで、普通にプレイするだけでなく、上級者向けに高度な技を用意してあるのも心憎いです。

私が本作を選ばせてもらった理由ですが、優れたゲームデザインはもちろんですが、プレイヤーキャラクターの光跡、ハートが回転してエッジにハイライトが走る、ダッシュゲージの消滅演出、ステージ間の白フェード、などなど、工数を考えて作らないという選択ができる部分もすべて作りきっており、作者さんの、このゲームへの情熱、愛情を強く感じたからです。

作者さんが1本のゲームを高いレベルで完成させていることに、私もいちゲーム屋として尊敬の念をいだきます。

作者さん、楽しいゲームをありがとうございました。
これからも楽しいゲームを、ずっと作り続けてください。

グリー 今井 仁

この作品について

結晶化した敵「エネミー」を倒しながらゴールを目指す爽快アクションゲーム。

プレイヤーはキャラクターを操作し、結晶化し固まった「エネミー」に触れ、その動きを開放して円で囲みます。
動きが解放された「エネミー」からの攻撃を上手く避け、囲った円を壁にぶつけて挟んで倒し、ゴールを目指します。
キャラクターの動きに追随する円が、壁に上手くぶつかり挟み込めるよう、その進行方向を操作することがゲーム攻略のカギに。
軽快なキャラクターの動きや敵を挟んだ時の爽快感、そして高得点が狙えるブースト機能など、アクションゲームとしての魅力がつまった作品です。

ページ上部へ戻る