受賞作品アマチュア部門

大賞・優秀賞Glalear

作品概要

タイトル Glalear
プラットフォーム PC
学校名 HAL大阪
受賞者名 TINY MAD KID

大賞・優秀賞 選考理由

『プロが嫉妬する作品』

「うつす」というテーマを、ガラスに映すというシンプルなルールに落とし込むことで、リアルなビジュアル表現を実現しながら遊びやすく、敷居の高さを感じさせないデザインになっています。

チュートリアルで、ほぼすべての操作を遊びながら覚えることができ、マニュアルを読まなくてもプレイ出来る点も高評価です。

グラフィックについて、質感の高さやデザインのユニークさ、多彩なモーションなどから、完成度の高さをすぐに感じられました。

また、サウンドを全てオリジナルで準備したことも、世界観をプレイヤーに伝えることに、大きく寄与出来ています。

技術的に興味深い点として、点光源を多用することで、床面などの法線ディテールが際立っている点が挙げられます。このことでサーフェースの質感が際立って、リアルな表現を可能しただけでなく、独特の世界観に現実感を与えることに成功しています。

コンセプト、グラフィック、サウンド、技術力が、高いレベルでバランスされた事で、本作への興味が自然に湧き出るような作品に仕上がり、主人公はどうしてこのような形なのか?どこから脱出しようとしているのか?など、世界観から派生するストーリーを想像せずにはいられませんでした。

『プロが嫉妬する作品』と言えるほどの本作に脱帽です。

大賞にふさわしい作品でした。本当におめでとうございます。

コーエーテクモゲームス 宮内 淳

 

炎の明かりを用いて「うつす」というアイデアは他の作品でも取り上げられているアイデアでしたが、ガラスにものを「うつす」ことで道を作ったり、逆に「うつさない」ことで通れるようになったりするなど、この作品ならではのユニークなギミックがおもしろく、プレイしていてとても楽しかったです。

キャラクターやオブジェクトがガラスに映る描写のグラフィッククオリティの高さや、地面の材質で足音が変化するというサウンドの丁寧さなど、作り手のこだわりが伝わってきました。

キャラクターも、無機質なランプなのに、キコキコ歩いたり瞬きしたりするのでとてもかわいく感じられて、何度もプレイしたくなってしまいました。

どの部分をとっても、完成度が高い作品だと思います。受賞、本当におめでとうございます!

バンダイナムコエンターテインメント 上田 彩乃

この作品について

屋敷に迷い込んだランタンのようなキャラクターを出口に導くアクションパズルゲーム。

明るい部屋の中から、暗い窓の外を見た時、部屋の中がガラスに「映る」現象から発想。ガラスを挟んだ手前が明るく奥が暗いと、手前にあるものがガラスに映る。ランタンやろうそくやの灯りを上手く利用し、手前の箱をガラスの奥に映しだし、実体化することで、出口に向かう新たな道を作り出します。

時にはガラスの奥を照らして、箱の映りこみを消すことで、先に進めることも。ガラスに映る仕組みを利用して様々な仕掛けを解きながら先を目指します。

コンセプト、技術力、グラフィック、サウンドなどが高いレベルで作りこまれた完成度の高い作品です。

ページ上部へ戻る