受賞作品

大賞・優秀賞トレースペーパー

作品概要

タイトル トレースペーパー
プラットフォーム PC
学校名 ECCコンピュータ専門学校
受賞者名 トレース製紙工場

選考理由

プレイヤーは、ステージの断片が描かれた薄い半透明な紙……いわゆるトレーシングペーパーを重ねて線をつなげ、スタートからゴールを目指します。
今年のテーマである“挟む”の活用法としては少々トリッキーですが、挟む順番を試行錯誤する思考性と、うまく挟んでゴールまで到達した際の爽快感がしっかり両立している、テーマを活かしたタイトルとして高く評価しました。
線は、複数枚を重ねてつなげるのですが、3枚目に重ねた線は色が薄くなり、キャラクターが歩ける&通り抜けもできるようになるという、トレーシングペーパーらしいギミックにも工夫が凝らされていました。
シンプルながらわかりやすく、遊びやすいデザインもまとまっています。
惜しむらしくは、トレーシングペーパーを挟む際に、どうしてもテンポが損なわれてしまうこと。テンポの強弱がもっとつけば、より快適に遊べそうです。今後の作品にも期待します。

Gzブレイン 林 克彦

この作品について

トレーシングペーパー上に描かれた足場となるラインの上を進み、キャラクターをゴールまで導くアクションパズルゲーム。

使えるペーパーは最大4種類。スタートとゴールが描かれたペーパーが1枚目。
残りのペーパーには、それぞれ異なる足場のラインが書かれています。
ゴールするのに必要な足場の位置を考え、ペーパーを入れ替えて進む方向を変えたり、重ねて邪魔な足場を薄く透けさせて外したり、正しい順番でペーパーを入れ替え、挟まないとゴールできません。
「ペーパーを挟む」というアイデアを元に、「使用枚数の制限と挟む順番」をゲーム性に反映させた企画力に優れた作品です。

ページ上部へ戻る